HAKUとアンプルールの比較

 

20代後半からシミに悩み始めました。
シミに効くと評判のアンプルールラグジュアリーホワイトをライン使いし、シミは消えないものの肌がワントーン上がり、気に入って使っていました。
そんな時、収入が減り、化粧品にかけるお金を削ることに。
少しでも安いけど効果のあるものを求め、インターネットで情報を集め、結果メラノCCを試すことにしました。
嫌味なようですが、初めてのプチプラ化粧品でした。
アンプルールよりお値段が断然安い分、本当に効果があるか心配でした。
実際に使ってみた感想は、悪くないでした。
化粧水と薬用集中シミ対策液を使ったのですが、 肌はしっとりするし、輝きも取り戻すし、意外な効果でしたがニキビができなくなったのです。
ただ気になったのは、その匂い!
アンプルールは匂いが一切気にならなかったので、科学的な匂いが苦手な私は、馴れるまで時間がかかりました。
そして、化粧水はそうでもなかったですが、薬用集中シミ対策液は、使うとピリピリしました。
アンプルールは優しく肌に馴染んだので、最初戸惑いました。
しかし、匂いもピリピリ感も、一旦馴れるとあまり気にならなくなりました。
肌もワントーン上がり、お値段以上の仕事をしてくれるので、お財布に優しくて助かりました。
ただ、できてしまったシミには効果がなかったですね。
よく調べると、シミ・そばかすを防ぐという意味での美白化粧品でした。
今は時間と予算の関係でオールインワンを使っていますが、また使ってみたい化粧品です。

ページの先頭へ